政策

米山たいすけの議会中の様子

私たちの大切な街、鹿児島。
よりよい街づくりを目指して、そして子供たちの未来の為に、日々がんばってまいります!

個人質疑での主な内容

  • 少子化対策・教育の再生・教育現場の改善・観光鹿児島の活性化
  • スポーツの推進と環境整備・通学路安全対策・建設業の環境改善 等

政策1少子化対策

人口減少・高齢化社会が進む中、これからの社会の為に少子化に歯止めを。「人口なくして勢力なし」と考えます。引続き不妊治療助成事業の拡充のほか、様々な子育て支援に対する施策の充実や婚活サポートにも重点をおき、子供達があふれ活気ある鹿児島市を目指します。

政策2教育の再生

明治維新を成し遂げた鹿児島の偉人達。その背景には間違いなく郷中教育の存在。勉学ができる環境のみならず、人間教育(心の教育)を充実させることが必要であると考えます。又、保護者の子育て力の向上や教職員の指導力の向上に繋がる施策の提案や教職員が子供達と全力で向き合える学校教育環境の確立を目指します。

政策3スポーツの推進・環境整備

スポーツをとおして、子供達の健全育成や市民の健康・体力作り、そして人間関係の希薄化を解消することを目的に、スポーツ施設の整備を充実させるとともに、AED設置の普及等を重点化し、安心安全なスポーツ環境の構築に努めます。

政策4通学路安全対策

近年、全国各地で登下校時の児童・生徒が被害者になる事故が多発。少子化が進む中、子供達ひとりひとりが私達の大事な宝です。子供達の命を守るために通学路の安全対策を強化します。

政策5観光都市の活性化

「人・食・温泉・歴史・桜島」などの観光資源が豊富な鹿児島市。他県、他国からの観光客へのおもてなしを充実させ、観光リピーターの増加を図ります。その他、遊園地やテーマパーク等娯楽施設の建設を推進し、他都市へ出向かなくても休日を満喫できる都市を目指します。

政策6雇用の拡大・促進

本市で育って学んだ若者達が仕事を求めて他都市へ流出するのを防がなければなりません。そのためには、企業誘致やあらゆる施策により、雇用の拡大・促進が必要です。Uターン・Iターン者に対する補助制度の充実も図ります。

政策7議会改革・議員定数削減

鹿児島市議会議員定数は50人。本市郡区選出の県議会議員は17人。この議員定数をどう思われますか?議員が身を切る覚悟がなければ改革などあり得ません。引続き5人~10人の本市議会議員定数削減を強く訴えます。